そんなに好きか。クラゲが。

MOPPE

大好きです。
水族館はクラゲコーナーが醍醐味です。
(沖縄の美ら海水族館は例外。あそこはもちろん大水槽です。)

しながわ水族館

品川水族館のクラゲ

新江ノ島水族館

新江ノ島水族館のクラゲ

ミッドタウン

(※クラゲはCG映像です。ミッドタウンでやっていた展覧会「NEOREAL」)
ミッドタウンのクラゲ
心癒しますね〜
目の保養に最適です。
時間の許す限り見ていたいです。
ケータイの待受画面はもちろん彼ら。
私を魅了してやまない不透明度30%の彼ら。
実際の海では絶対出会いたくないそんな彼らを、
水族館では探してしまうんだなぁ。

そして本日の衝撃画像。

デメニギス

これ、本当に存在してる魚。深海魚です。
不透明度30%(頭部のみ)
さすがになんか受け付けないかんじもあるけれど、なんて神秘!!
そしてこいつの名前!デメニギス!
白亜紀系か、ジュラ紀系か、ポケットモンスター系ですか。

comecome+

クラゲリウム

下から目線

TEYANDEI

DSCN1660

 

この夏から、合気道を習い始めました。

いま、3ヶ月目くらいなのですが、

まったくや上達しません。

 

合気道には試合というものがなく。

勝ち負けという概念はありません。

相手の力を利用するとか、

相手との和を大切にするとか、

いろいろあるようですが。

まずはいろいろある技を覚えるところからスタートです。

 

もともと運動神経がにぶくて

さらに物覚えも異常に悪いわたしにとって、

技を覚えるというのは

もっとも苦手といっていい分野のようです。

 

でも。なんだか楽しい。

あまりにできないってことがちょっと楽しい。

 

なにがなにやらわからないかんじで

合気道を習っていると。

違う目線で人を見ることができます。

 

合気道は二人一組で練習します。

いろんな人と組むのですが。

下手だからこそ相手の力量や性格がよく見えます。

 

上手な人なのに、

下手な私と組むと、

あれ?どうだっけ?

わかんなくなっちゃったよ。と

まったく技ができなくなる人。

 

ものわかりの悪い私に、

イライラと怒り出す人。

 

もの覚えの悪い私に、

何回忘れてもいいですよ。

そのうち覚えますから。

とのんびり教えてくれる人。

 

そして本当に上手な人は、

下手なわたしに、

上手に技を決めさせることが

できます。

 

これって仕事と似ていません?

 

本当に仕事ができる人は、

相手を上に引き上げて

実力以上のものを発揮させてくれたりしますよね。

 

10年以上同じことを続けたりすると、

たいていのことは、ちょっとできるようになります。

30代以上で仕事続けてる人ってそんなかんじが多いんじゃないかな。

 

でもそれで見えなくなることもあります。

なぜできないのかとか。

できないときの気持ちとか。

 

まったくできる気がしない!

なにがなんだかわからない!

手も足もでない!

という視点からしか見えないことがあります。

 

ぜひぜひ試してみてください。

なかなか面白いですよ。

 

 

WEEKLY MAQ REPORT vol.3

HASEJIN

828日(金)

 

お昼時、東京本部長であるY氏と若手ADのY氏、

なにやら二人で打ち合わせしている。

Y談?あ、いや、真面目な話し合いだったみたいだけど。

 

 

831日(月)

 

本日は朝から大阪制作室長K氏が東京オフィスに登場。

なんでも撮影が雨で延期になってしまったとか。

お疲れさまです。帰り道、台風に祟られないように。

 

 

91日(火)

 

デザイナーH氏のMacがトラブってしまったようで。

ずいぶんと長いこと復旧に手間取っていた。

個人的な感覚だが、Macはどうも虚弱体質…(以下自粛)

MAQは割と丈夫なつもりだけど。若い子に限っては。

 

 

92日(水)

 

なぜかクイズで大盛り上がり。たとえば、

“100=0.01” “1=18” 

一本線を加えるだけで等号を完成させよ!という問題。

皆さんは解けますか?

 

 

93日(木)

 

今日はよく笑い声が聞こえてくる。

会議中らしいのだが、かなり盛り上がってるみたい。

自由な雰囲気の中で行われる会議はとても大事。

でも、緊張感のある会議も大事。両方使いわけないとね。

人間スクラッチ

XXX

Neurosonics Audiomedical Labs Inc. from Chris Cairns on Vimeo.

かなりクレイジーな映像ですが、偶然にもPartizanの作品だったのでご紹介。

倫理ぎりぎりのところですが、白人だからか、

カラっとして見えるのは何故でしょう??

スローフォーム・カフェ

HS

前々回の水曜日にも

書かせていただきました、

ご近所づきあいの共同イベント

「スローフォーム・カフェ」が

先日の8月29日にありまして、

無事に終えることができました。

 

どんな内容かと簡単に言いますと、

ゴミ置き場をアートにしよう!ということで

弊社がデザインしましたゴミ袋を通し、

デザインが人や街にできることってなんだろう?を

みんなで考えるというもの。

 

プロジェクトの主旨やゴミ袋のデザイン、

イベントリポートなどを紹介する映像とともに、

南青山の貴公子ことMC北嶋くんと

プロジェクトリーダーY氏とのトークで会は進みます。

クリエイティブ関係でない方には若干こむずかしい話で

あったと思いますが、約1時間、

熱気ムンムンであったと思います。

(人口密度にエアコンが負けたという噂もあり)

 

で、ひととおり終わって思ったんですが、

大きな会場でのフォーラムもそうでしょうけど、

今回のような座談会的な場は特に、

参加いただいた方による質問コーナーが

いちばん盛り上がるんだなということでした。

 

発信されたものを一方的に受けるのではなく、

聞き手サイドからも発信することで、

コミュニケーションが俄然活気づく。

インターネットの面白さの根源もそこだし、

もう言わずもがなですが

双方向の重要さを再認識できました。

 

どんなに事前準備しようが、企画してようが、

人を引きつける瞬発力って、

場あたり的なアドリブコンテンツが

いちばんなんでしょうね、きっと。

もちろん質問する場合も、

事前に考えてたものじゃなくて、

その場で思いついたものがよりいいです。

毒気があればなおベター。

 

そういえばボクは、

ネタの面白い芸人さんより、

トークの面白い芸人さんが好きです。

後者の方が技量を感じるからだろうな、きっと。

 

とにかく、たくさんのご来場ありがとうございました!

スタッフのみなさんは、特にありがとうございました!

 

会場の様子です

DSCN0055

 

予想以上のご来場に感謝!

DSCN0057k

 

弊社1Fでもプロダクトを展示させていただきました

DSCN0020

Page 126 of 129« First...«124125126127128»...Last »