夏の夜空に。

TEYANDEI

DSCN1612

 

このあいだ、

多摩川の花火大会があったので

行ってきましたよ。

 

世田谷側の二子玉川と

川崎側の二子新地、

多摩川を挟んで両方から見えるこの花火。

わたしは川崎側の二子新地のほうから見ました。

 

7時開始だったので6時くらいに二子玉川駅を通り過ぎたとき。

乗客からうわあ!!という声が。。

んん?と思い窓から外をのぞいてみると。

河原が人の頭でいっぱい!!!

川沿いにみっしりと詰まっております。

いやあ。正直言って気持ち悪い。。

すごい人出だ~~。。

 

二子新地駅につくと。

もうケイタイがぜんぜんつながりません。。

場所取りしてくれてる友人にも、

駅で待ち合わせしている友人にも、

まったくつながらない。

 

なんだかもう気力が萎えてしまって。

帰りたいような気分になりつつ

ようやく合流したら。

おおー。花火がはじまった!!

 

場所取りしてくれていたところは、

灰やら火薬やらが落ちてくるほど打ち上げ場所から近くって。

こんな近くで花火なんて

見たことないというくらいの大迫力!!

 

いろんな花火が

どんどん打ち上げられている夜空を見ていると。

花火をつくっている人は、

空に絵を描こうとしているんだろうなあ。

という気がしてきました。

 

そんなでかいところに絵を描こうなんて。

人間って大それたこと考えますよね。

 

そして。みんなでそれを見上げて。

みんながすごい!って思う。

自然におー!とか、うわー!とか声がでて。

こんなに大勢の人が一つのものを

一緒に見ることってあんまりないんじゃないかな。

 

ふと気付くと。

わたしも川沿いにみっしり詰まった頭の一個で。

いまだれかが二子玉川の橋の上から河原を見たら、

気持ちわるい~。

と思われるものの一部で。

 

そしてそんな一部であることが。

なんつーか。

ちょっとうれしいような。

それが人間だぜーというような気もして。

大きな花火があがるたびにわきあがるどよめきに、

ゆらりと身をまかせてみたりする。

 

でも我に返ると。

みんなが同じ方向を見ていることに

違和感を感じたりもして。

その違和感もまた、

人間だぜーというような気もしてくる。

 

そしていつしか。

もうそんなことを考える暇もないほどに

花火はクライマックスへと向かっていて。

ただただその大迫力に圧倒されていて。。

 

大歓声の中、

最後のひとひらが散ってゆくと、

ふいに静けさが訪れました。

 

うっすらと煙だけがたなびく夜空を見上げると、

夏がゆるゆると遠ざかっていくのが見えましたよ。