麦笑帽子

TEYANDEI

DSCN1691

 

友人の帽子が、

紙100%でした。

 

なんでしょう。

このおもしろさ。

 

見せられた瞬間、

爆笑してしまいました。

 

紙100%って

なんだかふざけているように

見えてしまいます。

 

いや。なにもおかしいことはないのですよ。

紙的な素材でできてるってことですから。

 

頭ではわかっているのですが。

なぜかおかしくてたまりません。

帽子が紙でできてるとは、

ふつう思わないからでしょうか。。

 

後日ネットで調べてみたら。

実際には帽子によく紙が使われているみたいです。

麦わら帽子みたいなものは、

けっこうな割合で紙的な素材が使われているらしい。

 

というわけで紙100%というのは、

帽子業界の人や

よく帽子をかぶる人にはふつうのことなんだろうなー。

 

そう考えると

やっぱり笑いっていうのは、

あるていど共通の認識をもった人たちの中でしか

共有できないものなのかもしれないですね。

 

わたしはたまに、

笑いのツボがズレてるんじゃないかと

自分で疑問に思うことがあるのですが。

それは、共通認識がズレてるってこと?

それって、コピーライターとしては致命的じゃない???

 

深く考えると、

ドツボにはまりそうであります。

 

とりあえず、

笑ってごまかしておこうと思います。