アニメとかコンテンツとか。

XXX

こんにちは。

先日、知り合いの方が制作に関わっていた事もあり、

『サマーウオーズ』を見てきました。

家族愛とサイバーテロをハイコントラストで展開していて。でも真ん中は人間愛。

監督は、ポスト宮崎駿と言われる細田守監督。

家族愛だけなら、ジブリだが、独特の秋葉感(いい意味で)をミックスしている

ところが、細田流というか、新しいです。

オズとういう仮想空間の世界感は、村上隆氏とルイ・ヴィトンの

コラボアニメーションの世界感をさらに飛躍させた感じで、クールです。

ちなみにこちらも、細田監督。

同じくアニメコラボとして、

パリのコレットにUTのアニメシリーズの取り扱いが決定したそうです。

実はこれ、UNIQLO PARIS出店のための、PR戦略の一環。

やはり、海外を引くにはアニメコンテンツ(秋葉的)が今の日本のキラーコンテンツ。

少なからず海外はそう見ているようです。

今、広告はコンテンツ(メディア)作りに流れがありますが、コンテンツを作った瞬間、

広告競合からコンテンツ競合へ。

コンテンツは受け手からの反応がダイレクトだし、関係を構築する、という意味では

従来の広告より深いと言えるかもしれません。

その分手法は複雑化、けっこう頭痛んですけどね。