スマホとガラケーについて思うこと

IKASUI

更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。

そして早くも投稿3回目にして手描きを断念・・・

気が向いたらすることにします!

 

では、タイトルにつけた「スマホとガラケーについて思うこと」

実は私はまだガラケーを使っていますが、普通の携帯がガラケーと

言われていることを知ったときはショックでした。

 

私が今の携帯を買った2年前で、私の地元である岡山にも

変えるならスマホでしょ!?的な波が来ていたんですが、

私はauのiidaシリーズが前々から欲しかったので、

それを手に入れて大満足でバイトに行くと、バイト仲間が第一声でこの一言。

 

「なんでガラケーなん?」

 

「・・・garake-?」

その時初めて私の欲しかったiidaやその他の携帯たちが

「ガラケー」なる言葉で呼ばれるようになっていたことを知りました。

 

その頃から、まだまだスマホより携帯が多かった岡山もどんどん浸食されていて

本当に取り残されて行く気分でした。

あー、これがガラパゴス諸島?って感じがしました。

 

でも、いろんな人に「ガラケーなん?」となぜかバカにしたように言われますが、

よく考えるとガラパゴス諸島はとても奇跡のような美しい島だと私は思うのですが。

ということは、もっと素敵なものとして評価してもらってもいいのでは・・・?

 

と思ったりもしますが、大阪にでてきてから、このガラケーなるものは

とっても不便だということに気づかされました。

岡山では全然大丈夫なんですが、地理もわからない大阪ではガラケーはダメダメですね。

 

ということで今月から2年の契約も終わって機種変更できるので、

iPhoneの新しいのも出ましたし、

とうとうスマホデビューでもしようかと考えています。

 

次の記事では私の新たな携帯が紹介できたらいいなと思います。

 

P1020997

今日もアレックスは実家のソファーで眠そうです・・。